スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
iPhoneブームは失速?
アプリを試していろいろと書きたかったのですが、その前に今日のニュースで気になったこと。

【クローズアップ】どうなる スマートフォン戦線異常あり

フジサンケイビジネスの記事です。めざましテレビなどでも取り上げていたので、ご覧になった方も多いのでは?
UBS証券の乾氏は、iPhoneの現段階での国内販売台数を20万台と推測し、「ブームが早くも失速。アップル敗戦」と見ています。果たして、本当にそうなのでしょうか?

私自身、以前のポストにも書いたように、アップルは日本でiPhoneを本気で売ろうとしていたようには見えませんでした。なぜなら、乾氏自身も分析されておられるように、iPhoneにはガラパゴス携帯の象徴的アイテムである「ワンセグ・絵文字・おサイフケータイ」が付いていません。メールアドレスが変わることや、その新しいアドレスがPCメール拒否していると弾かれる(これはドコモの意図的な企業戦略でしょう。)といったこともあり、今までの”ケータイ”に慣れ親しんだ層にはネガティヴポイントが多いのは事実です。と同時に、カメラが200万画素であるなど、搭載されている機能においても、最新の国内携帯と比較すると見劣りするように感じます。では、何故、アップルは日本でiPhoneをリリースしたのでしょうか? そこには、布石を残すということと、将来的な市場開拓という、長期的視野による企業戦略があるような気がしてなりません。

そもそも、日本は”ガラパゴス携帯市場”と例えられるように、独自のケータイ文化を築いてきました。それが、例え世界シェア30%を超えるNokiaであっても、苦戦を強いられてきた要因であったように思います。ここまでは、国内キャリアとハードウェアメーカーがタッグを組み、見事な鎖国戦略が奏功してきたと言えるでしょう。Nokiaの敗因は、SIMフリーの国際常識が通じないことや、先のガラパゴス戦略のせいで、国内キャリアが提供するアプリが使えないことが災いしたのでしょう。また、世界中で積極的に開発されているSymbian S60プラットフォーム向けの有用なアプリが、国内では知る人ぞ知る存在に留まり、それらを有効的に活用するには、高いPC知識を有する必要があります。さらに言えば、アクセサリ類も本来豊富なNokiaですが、国内ではNokiaショップなど、一部のお店でしか取り扱われておりません。本来、Nokiaのウリである「高いシェアと、それに伴う積極的なアプリ、アクセサリの販売によるハード/ソフトの相乗効果」が、日本では残念ながら発揮できなかったのです。

では、対iPhoneにおいても、同じように鎖国を続けることはできるでしょうか。私は不可能だと考えています。ひとつは、iPhone向けのアクセサリ開発が既に活気付き、国内でもビックカメラやヤマダ電気といった大手家電量販店で積極的に取り扱われ始めたこと。もうひとつは、iTunes Store(App Store)を介したシームレスなアプリケーションの提供が可能となったこと。故に、PC知識がそれほど高くなくとも、今までiPodを使っていたかのように、iPhoneをカスタマイズしていくことができるようになりました。

問題はそのアプリの”質”なのですが、それも確実に上がっていくことでしょう。iPhone自体が初代から通じて全世界で800万台売られているとあり、年内には1000万台に到達するのでは?と予想されています。iPod touchを含めると相当な数となります。これらiPhoneOSに向けたアプリ開発が国内外とも活気付かない理由が見当たりません。つまり、国内のケータイ向けアプリを開発している会社であっても、i-modeやau、ソフトバンク向けに固執する理由はなく、むしろ、世界中で自社開発のアプリが売られるという”希望”のあるiPhone向けアプリの開発に注力するのではないか、と読んでいます。

先の記事でもそうですが、iPhoneの引き合いにBlackBerryを持ってきて、「BlackBerryは世界で1500万台売られている。iPhoneはそれに遠く及ばず、BlackBerryこそが勝ち組だ」という論理を展開する人がいますが、それは誤りです。なぜなら、BlackBerryは10年も前から販売されており、1500万台はこれまでの通算です。iPhoneはたった2年足らずで800万台も売られています。普及速度だけで比較すれば、iPhoneが圧倒的でしょう。しかも、BlackBerryは欧米では「ビジネス向け」と割り切られており、iPhoneのターゲットと微妙にズレます。iPhoneを脅かすとすれば、むしろAndroidやWindows Mobile7(WM7)ではないでしょうか。実際、WM7の流出画像と言われているものを見ると、iPhoneOSをよくコピーしています。そこに+αの使い勝手があれば、iPhoneを駆逐する可能性はないとは言えません。Androidもしかりで、残念ながらまだAndroid向けハードはQwertyキーの並んだチープなデザインのものが多いのですが、将来的にはタッチインターフェイスで改善してくるでしょうし、Googleの開発力は驚異でしょう。それにしても、このタイミングでiPhoneに対してBlackBerryを引き合いに持ってきたフジサンケイの記事って、どうも裏があのでは!?と勘ぐってしまいますねぇ。。ま、複数のメディアを抱えるフジサンケイグループとしては、ドコモ様の広告は喉から手が出るほど欲しいでしょうからねぇ。

現時点のiPhoneは「未完成品」だと思います。日本語入力機能は最低だし、App Storeからアプリのアップデートも失敗することが多いなど、問題は山積しています。それらがBug Fixされ、かつ、キラーアプリや周辺機器がもっとたくさん開発されてこそ、本来の魅力を発揮できるでしょう。今はメディアでも「iPhone=iPodに携帯電話機能が付いた新商品」と紹介されていますが、それではダメです。確かにiPhoneはiPodから派生して、携帯電話に擦り寄っていった機器ではありますが、iPhoneの機能を充実させることで、「iPodはiPhoneのキラーアプリのひとつ」という解釈の逆転が起こらなければ完成品とは言えません。iPodがそうであったように、今はまだアーリーアダプター相手の商品ですが、iPhoneの完成度を高めることで、さらにもう一段階、売れ始める時期が来るはずです。きっと、アップル自身も同様に考えているのではないでしょうか。

でもやっぱり、アップデートの可能性が常にあるって言うのはいいですよねぇ。次は9/9と予想されていますが、どうでしょうか。性懲りもなく、次のアップデートでは日本語入力機能が改善されるのでは?と期待しています。それが例えプラシーボであったとしても、何となく改善されたような気分に浸るのでしょうね、きっと。アプリももっと有用なものが出て欲しいですね。まだ、国内向けアプリが少ないのが残念です。ある意味、iPhoneは「永遠の未完成品」として、夢のある商品と言えるかも知れません(笑)
| ΜαSÅ | News | 17:47 | comments(12) | - |
iPhoneの良い点・悪い点
やっとiPhoneを手に入れました。元々、列に並んだりする気はサラサラなかったので、潤沢に在庫が回るまで待つ構えでしたが、たまたま寄ってみたSoftbank Shopで簡単に手に入ったので、割とラッキーだったりします。ただ、現行機種の割賦残額が半年ほど残っているので、月々の支払いは通話料別で約1万円くらいになりそう…。。(苦笑)
で、2〜3日使ってみてのファーストインプレッション。

◆悪い点
  1. メールがリアルタイムでプッシュされない。
    iPhoneで提供される「〜@i.softbank.jp」アドレスは、着信があっても無音。通知のみ画面にされます。他にもGmailなどの外部メールを受信できる設定になっていますが、プッシュされるのはYahoo.comだけ。しかもそのYahoo.comは希に遅配があるばかりか、相手方の端末(AU?)によっては文字化けするようです。受信方法は定期チェック時間(フェッチ)を設定できますが、最短でも15分。メールアプリを開いて何度も更新すればほぼリアルタイムで受信できますが、面倒です。対策としては「GmailとYahoo.comのアカウントを登録>i.sb(@i.softbank.jp)へ転送>同時にYahoo.comに転送>Gmailで運用」という風にすれば、i.sbアカウントをオフにしておいても通知は出る上に、Yahoo.comでプッシュされ、Gmailで返信できます。ただし、メールアプリのYahoo.comとGmailの両方に同じメールが溜まってしまいます。う〜ん。。面倒なので、僕は「mobile me」を登録してしまいました。これってアップルの戦略にまんまとハマってるかんじがしますが(笑)、会社と自宅のアドレスやiCalのシンクもできるし、1年くらいは我慢して使ってみようと思います。にしても、Softbankのショップでは七面倒くさい注意事項の承認を取られたにも拘わらず、このメールの件は抜けていたような気がする。これって消費者契約法の不利益事実不告知に当たるのでは? ま、僕の場合は実は事前にこの問題点は把握していたので、事を荒げるつもりは毛頭ありませんが。でも、i.sbがプッシュメールに対応してくれたら何の問題もないわけで、やっぱりSoftbankの手落ちだと思うんだけどなぁ。。
  2. PCメール受信拒否の相手にメールできない。
  3. 機種依存文字などを使ったメールの受信は添付ファイルテキスト扱いになる。
  4. メールの返信に引用が必ず付く。
    これは「送り先の名前をクリック>アドレス帳内のメールアドレスをクリック」でメールを新規作成すれば対策できます。
  5. 日本語入力がもっさり。
    長文になると変換候補がなかなか出てこなくなるのは不便です。iPod touch(firm 1.1.1)と比較してもかなり遅い。
  6. iDicが使えない。
    例によってJBアプリですが(笑)、iDicがいまのところ使えません。JB後、SSH経由でインストールは出来ます。画面上にアイコンも出るのですが、クリックしても起動しません。作者のページを見ると2.0firmware向けの開発が始まったみたいなので、近日中の対応に期待しましょう。

ほとんどメール関連の問題点ばかりですね。ま、僕の場合は携帯であまり長文メールを打たないし、頻度も少ないので大きな問題ではありません。むしろ、mobile meメールならウチのように3G電波が悪くてもWifiがあれば送受信できるし、Macからも使えるメリットがあるので、ありがたい。でも、携帯メール主体の生活をしている人にとっては不便かも。

◆良い点
  1. PCメールを含めて複数のメールアカウントを登録できる。
    外部POP受信が出来るGmailアカウントが登録できる上、Mac内のプロバイダアカウントまでリンクできるので、メールチェックの一元管理が出来ます。
  2. Webをどこへでも持ち運べる。
    Flach対応がまだなのは残念ですが、Webの財産をどこへでも持ち出せるのは有り難い。Wikipediaや辞書サイト、ニュースサイト、Quicktime形式の動画共有サイトなど、いつでもチェックできます。
  3. iPodと携帯を持ち運ばなくて良い
  4. Macとアドレス帳やiCalのシンクが出来る
  5. 外部アプリがインストール出来る。
    実際、AppStoreでは、まだキラーアプリと言えるようなものはありませんが(敢えて言うならNetNewsWire)、簡単にアプリを追加できるということは伸びしろがあります
  6. 音量ボタンが付いている。
    iPod touchで不便に思っていた音量調節ですが、外部ボタンが付きました。さらに付属のイヤフォンには「一時停止・再開・曲送り」の機能があるので、いちいちホームボタンをダブルクリックしなくても済みそうです。

次回はAppStoreやJBアプリについて記述します。
| ΜαSÅ | News | 11:15 | comments(0) | - |
iPhone購入にちょっとした不安点
7/11に発売が決定したiPhoneですが、発売方法や料金プランも今週に入ってようやく決定しました。詳しくはわかりやすくまとめられたサイトがありますので、そちらをご覧ください。

iPhoneまとめサイト

端末価格はWWDC前の僕の予想(4〜6万)と比べると随分安く、料金プランは無料通話分がないため(ホワイトプランなど他のオプションに準じる)、若干高めといった内容。長期で使うことを考えた場合、料金プランが安いのには越したことがないのですが、僕のように2年程度で買い換えている層からすると、端末価格が抑えられたのは率直に嬉しいです。しかも、料金プランは妥協できる範囲内。実は、iPhoneがだめならNOKIAのN95(X02NK)あたりも考えていたのですが、こちらのデータ定額プランは1万近くするのでさっさと諦めてしまいました。

さて、注目を浴びるiPhoneですが、アナリストの意見などを参照すると、意外と売れないのでは?という意見が多数派のようです。私は間違いなく買いますが、恐らく7/11には手に入らないでしょう。というのも、先日、近くのソフトバックショップに電話して確認したのですが、「こちらの商品は入荷台数が検討付かないため、ご予約をお断りしております。」という旨のご返事でした。どうやら問い合わせ自体は殺到しているようで、若干、棒読み口調だったのには苦笑。でも、そんなに問い合わせがあるのなら、やっぱり売れるんじゃない?と思わなくもない。どちらにせよ、発売日に並ぶほどアクティヴな性格でもないので(笑)、手に入るまでじっくり待ちます。

まとめサイトに詳しく書かれている中で、気になる点がひとつ。iPhoneは専用USIMカードがないと起動しないようです。例えば次回の機種変でiPhone以外の機種に変えた場合、起動用にUSIMカードは提供してくれるのでしょうか? 通信機能はなくなっても、iPod touch的な使い方をしたいと思う人はいるはずです。だけど、キャリア側に立って転売予防を考えると、やっぱりムリかなぁ…。PDAとしても使えるし、すごくもったいない。例えばAppStoreで有償アプリなどを買う場合も、将来的に端末そのものが使えなくなってしまうとなると、リスキーな感じがします。
| ΜαSÅ | News | 17:01 | comments(1) | - |
iPhoneと日本のケータイ文化。

iPhoneは(あまり)売れないかもしれないという話


売れるか売れないかはさておき、記事を読んでいると、どうも僕の周辺とは意見が食い違う点が多いので、おかしいなぁと思ったら、筆者は学生のようでした。なるほど。

ワンセグやモバゲー、mixiモバイルなどは確かに日本でケータイ文化を勃興したのだけれど、これらはすべて若年層に向けられたもので、大人はあまり利用していない、というのが実態。もちろん、彼らもいずれは大人になるので、その文化を社会人世代にまで持ち込むことは充分に考えられるのですが、実際、僕ら社会人からすると、携帯に求めるプライオリティは

  1. 機能の使いやすさ
  2. スケジューラ
  3. Webとメール
  4. 料金
  5. その他(音楽やゲームなど)

だったりします。1を優先するのは、使いにくい端末はいくら高機能でも使わなくなってしまうから。例えばウィルコムのW-ZEROシリーズはスマートフォンとしては異例の売上を記録したのですが、Webやメールの使いにくさは異常で、あれではいくらフルブラウザでも使わなくなってしまうだろう、というのが個人的な意見。対してiPod touch(しか持っていないので)のSafariは使いやすい。他にもアプリはメールやスケジューラ、マップなど多機能ですが、どれも直感的に誰でも使える設計となっています。それに日本の端末はスピーカフォンを搭載していないことが多いので、複数人で通話できないのはちょっと辛い。

スケジューラですが、これが意外と便利。Mac遣いならiCalと簡単に同期できるし、「今日何する日だっけ?」って問いにワンアクションで答えてくれる。アプリの立ち上げ速度は1〜2秒(以前のシャープ端末は5秒くらいはかかっていた)と素早く、画面も見やすいのは魅力。

Webに関していえば、フルブラウザとしては、すでに完成されているといってもいいくらいです。少なくともW-ZEROよりは百倍使いやすいし動きも速い。メールはキーボードの慣れが必要ですが、以前使っていたシャープの3G携帯に比べたらサクサク動くし、GoogleアカウントならOffice系ファイル(エクセルなど)をGoogleツールで閲覧できるなど、ビジネス用途としてのメリットも多い。それと、個人的には圧力式タッチパッドの導入を期待しています。これが決まれば、キータッチの問題は一気に解決するでしょう。実際、慣れるとQwerty配列の入力はやっぱり便利だったりします。

通信料金は既に発売されている各国のキャリアを例に取って見てみると、iPhoneオリジナルプランが用意されると予想されます。恐らく、通話数百分付きで月々6000 / 8000 / 10000 / 12000円といったプランでしょうか。端末価格はアメリカでは200$値下げという大胆予想もされていますので、日本でも4〜6万円の割賦払いになるのでは?と希望的観測。

iPhoneはさんざん「iPodケータイ」とアナウンスされていますが、実は音楽面よりも魅力的で使い勝手のよい端末として注目されているのです。少なくともSymbianOSよりは使いやすいし、Symbianベースの日本の端末よりサクサク動きます。Felicaは確かに便利ですが、電車を通勤で使わない人にとってはメリットが少ないし、「別にカード型でいいじゃん」って気がしないでもありません。個人的にはセキュリティの観点からおサイフケータイ反対派なので、この点に関しては便利に使っている人とは意見が食い違うでしょう。

今までの携帯にないメリットと言えば、やはり音楽やムービーとのSync。PCとのSyncはやっぱり便利で、いくら「Gigabeatやウォークマンの方が音が良いですよ(本当か?)」と諭されても、ケータイ端末にそれほど音質を求めるわけでもなく(それより街の音の方がうるさい(笑)、便利さには負けます。

携帯の世界シェアはNokiaがNo.1ですが、機種別のシェアで言えば、iPhoneはかなり上位にいます。グローバルに発売されている端末なので、周辺機器も多いし、アプリやゲーム、専用Webサイトの開発も活発。今月からAppStoreでアプリも本格的に販売される予定なので、さらに勢いづくのは間違いないでしょう。いくら日本が独自のケータイ文化を確立したとはいえ、世界中のプログラマを敵に回したら、数ヶ月のうちに駆逐されるのではないでしょうか。ま、どのみちiPhoneは、当面、僕のようなGeekがターゲットの商品でしょうし、アップルにとっては「日本でも売っている」という実績さえあれば売れなくてもOKとしている気がしないでもありません。
| ΜαSÅ | News | 20:34 | comments(0) | - |
iPhoneがソフトバンクから発売決定!

iPhoneについて(ソフトバンクプレスリリース)

大方の予想ではDoCoMoからの発売が有力視されていたiPhoneですが、ソフトバンクからの発売が正式に決定しました。僕自身、去年のポストでも書いている通り、希望的観測ながらソフトバンクからの発売を予想していたので、個人的には大変嬉しいニュースです。そもそも、最近のDoCoMoの動きを見てみると、GoogleのAndroidに注力してみたり、PRADAフォンを発表してみたり、iPhoneとの対抗基軸を打ち出していたようにも感じましたので、「交渉が難航してるのかな!?」と勘ぐっていたところでした。

iPhoneが日本市場にもたらす影響はそのポストにも書いている通りですが、最終的にDoCoMoがテーブルから降りた要因として、iモードコンテンツとの競合や料金プラン、さらにはアップルに対する通信料マージンといった総合的なネガティヴ要因にひっかかったものと考えられます。確かに、マーケティングのセオリーで考えるなら、圧倒的シェアを持つ市場リーダーが無理な戦略を進めるメリットはありません。ですが、アップルと契約したキャリアは世界的なニュースで報じられるため、iモードをグローバルに拡げたいDoCoMoとしては、もう少しやりようがあったのではないか?ともどかしさを感じています。

ごく個人的な意見として、これはDoCoMo衰退への足音ではないか、と考えています。まず、携帯コンテンツという括りはいずれ崩壊するでしょう。なぜなら、3Gになってから通信速度はMbpsレヴェルとなり、メーカーの開発努力も相まって、近年ではSVGAを超える画素を持つディスプレイも少なくありません。モバイルCPUの発展に伴い、マルチタスクや高度なグラフィック処理も徐々に可能となってきました。Flash対応の携帯も増えるでしょう。iPhoneのSafariではJavascriptも一部作動します。つまり、Webサイトそのものが、携帯向けに作る必要性がなくなるのです。今までのようにPC向けコンテンツと棲み分ける必然性がなくなり、いわゆる「勝手サイト」と呼ばれるような非iモードサイトも増え続けることでしょう。サイト運営者としてはキャリアに縛られることなく、iモード検索にヒットするより、Googleモバイル検索にヒットすることを重要視するに違いありません。

コンテンツビジネスに目を向けると、メイン商品であろう着メロ(着うた)の値段はiTSでの楽曲購入価格2曲分近い(パケ代を含めると実質それ以上)という理不尽な価格で販売されています。しかし、着うたを好みのものに設定したければ、現状ではそれらサイトから購入する他なく(厳密にいえば、フリーソフトなどで作成可能だが、一般的とは言いづらい)、これまではユーザーの足元を見た商売を続けて来られたのです。しかし、iPhoneで安価な着うた(楽曲購入すると、十数円で着うたDL可)を買えるようになると、そのばかばかしさにみんなが気づき始めます。

つまり、コンテンツビジネスで成長していきたかったDoCoMoは、アップルと決裂したことで、近視眼的には数%のシェアダウンで逃げ切れそうですが、長期的な視野に立ってみると囲い込み戦略に大きな穴を開けた可能性があります。例えるなら、iモードという地引き網でユーザーおよびコンテンツの囲い込みに成功したにも拘わらず、そこにたった1カ所、大きな穴を開けられたがために、大量にユーザーおよびコンテンツを取り逃がしてしまうという危険を感じさせます。iPhone(アップルのサービスを含む)自体にそこまでの魅力があるとかいうことではなく、DoCoMoしか知らなかった人々が、「DoCoMoじゃなくてもいいじゃん!」と思われたら負けなのです。DoCoMoが今まで圧倒的なシェアを守ってこれたのは、料金が安かったわけでもサービスが充実していたわけでもなく、単に「NTT」という冠と先行の強さだけだったのです。しかし、今までDoCoMoオンリーのユーザーにはそれがバレていなかった。他社に移ったユーザーから、そのメッキが剥がれた姿を見られる恐れがあります。そうすると、ユーザーの大量離脱が始まる(といってもiPhoneに行くとは限らないが)のではないでしょうか。

auも対岸の火事とは言い切れません。iTSを利用できるiPhoneという端末は、少なくとも現時点では圧倒的なアドヴァンテージを持った音楽携帯であり、LISMOというauの社運をかけたサービスにミソが付いてしまいます。対抗基軸を打ち出すのも容易ではないでしょう。アメリカの大手レコード会社、映画配給会社をがっちり押さえているアップルには相当の利があり、日本の携帯コンテンツビジネスは根こそぎアップルに持って行かれる、という懸念も大げさではなくなるかもしれません。

かなり悲観的な見解のようですが、決してアップルの肩を持っているわけでもなく、DoCoMoやauを嫌っているわけでもありません。それより、この危険性を各社がどれほど肌に感じ、どのような戦略を打って出るのか、楽しみでなりません。切磋琢磨することで、我々ユーザには有益なサービスや選択肢が増えるのですから。ただ、今までのようにキャリア主導型の携帯事業はユーザー軽視な気がするので、アップルやソフトバンクには風穴を開けてもらいたいものです。

| ΜαSÅ | News | 07:56 | comments(0) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ