スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
MxTubeの話
めちゃくちゃ久しぶりの更新。
ここんとこはあんまりiPod touchを音楽プレイヤー兼辞書としてしか使ってなかった…というより、それでもう充分お釣りが来るぐらい満足していたので、これ以上、いじる必要はないかな、と。ビビり体質なんで、ファームも1.1.1から更新してません。1.1.3とか1.1.4とか、ファームが変わるたびにJailbreakの手法も変わるんで、なんかもうめんどくさいなぁ、というのが本音。某巨大掲示板のHackスレなどを熟読していた日々が懐かしい(遠い目)…。。

などと油断をしていたら、なかなかお茶目なアプリを見つけました!
なんて意気込んで紹介している私は、すでに浦島太郎状態。で、そのアプリとはMxTubeのことです。


↑開発者の公式ブログに掲載しているビデオです。

iPod touchのYouTubeアプリって、みなさん使ってますか?
私はほとんど使ってません。理由はいくつかありますが、DLに時間がかかりすぎることと、ストリーミング中に止まったり落ちたりすることがハンパなく多いので、使い勝手が悪すぎるんです。まして「iPod touchでYouTubeが見られる環境=PCでインターネットができる環境」だったりするので、それならPCで見りゃいいじゃん、と。ところがこのMxTubeってヤツは、YouTubeのビデオをローカルにDLしちゃうってんですよ。しかも、使い勝手はネイティヴアプリ並に簡単! ローカルに落としておく=どこでも見られるって訳で、前の晩にいくつかビデオを落としておいて、翌日の通勤電車内で見たりとか、大学やセミナーでつまらない講義を聞かされているときに暇つぶしに見たりとか、面白いビデオをDLして友人に見せたりだとか、利用用途は無限に拡がります(嘘。だいたいは今書いた3つくらいのもんです)。Apple純正のコンポジットケーブルでRCA出力もできるから、簡易AppleTVっぽいことも可能です。そんな訳で、今更ながらにいろいろとビデオをDLして遊んでます。

しかし、クリティカルな問題がひとつ。HighクオリティでDLしたときに限り、ビデオを最後までDLできない場合があります。それも頻繁に。これってウチのiPod touchが1.1.1だから?と思ったのですが、どうやらファームはあんまり関係ないみたいで。再インストールすると直るという都市伝説を信じてやっては見たものの玉砕。よく見たら、作者が思いっきり「既知のバグ」ってとこに「そういうこともあるよ。そのうち直すわ」って書いてありました。早く直さないかなぁ。。ま、こればっかりは無償で提供してくれている作者を急かすわけにもいかず、ただただ指をくわえて待つばかりですが、良アプリであることには間違いなさそうです。

注)アプリの現物を一所懸命探してしまった私のような人のために。
iPod touch脱獄後にもれなく付いてくるInstallerの中に、MxTubeがあります。確か、Multimediaカテゴリーの中。くれぐれも私のようにネットサーフして探し回ってムダな時間を過ごさないようにしてください(恥)
| ΜαSÅ | Other | 23:38 | comments(0) | - |
iPod touchにウィキペディア日本語版をインストールする(on Mac)の備忘録
iPod touchにウィキペディアがインストールできるらしい。ということで、以下はMacでそれに挑戦したある人物(もしかしたら私)が、いろいろ行き詰まったために今後、忘れないように残した備忘録。または都市伝説。

注意!! この記事を参考にして、たとえ貴方のMacやiPod touchが故障しても、誰も面倒は見てくれません。当然、私は貴方の面倒は見ません。質問にもお答え出来ません。そこまでのスキルは私にはありませんのであしからず。
【必要なもの】
Mac(ウチはIntelMac)空き容量は10GBくらい
MacOSXのDVD-ROM(Xcode未インストールのとき)
iPod touch
無線LANルータ
【必要な環境】
インターネット回線
無線LAN(MacとiPod touch接続用)
MacとiPod touchの両方とも、無線LANを使ってインターネット接続(もちろん同じLAN内)

【始める前に】
ウィキペディアのxmlデータ(ダンプデータというらしい)はダウンロードにめちゃめちゃ時間がかかるので、先に始めておいた方がベターかも。
ここからlatestを選んで、jawiki-latest-pages-articles.xml.bz2をダウンロード(時間がかかります)。

【脱獄編】
まず、好きな方法でiPod touchを脱獄させます。

  1. ワンタッチで楽々脱獄。
    メリット めちゃ簡単。
    デメリット iPhoneアプリは別途用意。
  2. iJailbreakを使って脱獄。
    メリット 簡単。かつ、純正iPhoneアプリのインストールができる。
    デメリット たまに失敗するらしい。

これに関してはここで説明するまでもないはず。それほど難しくはないのでがんばってやります。たぶん、2008年2月には手法が変わってるはずなので、追記しません。

【必要なアプリのダウンロード】
  1. Cyberduck(MacからiPod touchへSSH接続するのに要る。本来はFTPソフト)
  2. iDic(EPWING形式の辞書を読み込むのに必要なiPod touch用辞書アプリ)
  3. Freepwing(テキストデータなどをEPWING形式に変換するLinuxアプリ)
  4. ウィキペディアをFreepwingで変換するためのツール(FreepwingだけではxmlをEPWING化出来ない)

【辞書アプリiDicインストール編(他のiPod touch用アプリも基本は一緒)】
  1. CyberduckをMacにインストール。
  2. iPod touchの「設定>Wi-Fi>接続してるルータ」でIPアドレスを確認。
  3. Cyberduckを立ち上げる。
  4. ブックマークを追加。ニックネームは適当。プロトコルはSFTP。サーバーIPは2.で調べたやつ。ユーザ名はroot。
  5. ブクマをダブルクリックで接続開始。パスはalpine。iPod touchはロック解除しておいた方がいいかも。最初の接続は割と時間がかかる。
  6. iPod touch内の/private/var/rootに接続。
  7. 一番上の階層に上がる。
  8. Applicationsをダブルクリック。中にiDicを放り込む。
  9. iPod touchを再起動(上のボタン長押し>電源オフスライド>再度上のボタン長押し>リンゴマークが出たらOK)。以上。

【ウィキペディア日本語版EPWING化編】
Xcodeをインストールしていない場合は、MacOSXのDVD-ROMからインストールしておきましょう。gccとGNU makeは絶対必要。

  1. Freepwingのソースコードをダブルクリックでデスクトップに展開(邪道。Linuxが判る人ならtarコマンド使っても良い)。
  2. ターミナルを立ち上げ。
  3. cdコマンドで展開したFreepwingのフォルダへ行く。
    具体的には… c,d,spaceとタイプ>デスクトップから該当フォルダをターミナルへドラッグ&ドロップ>returnで行ける。
  4. $ cd ■←ここにフォルダをD&D
  5. ./configureとタイプしてreturn。Freepwingのインストールに必要なファイルが配置される。ここでエラーが出る場合はXcodeをインストールし直す。
  6. $ ./configure
  7. makeとタイプしてreturn。makeが失敗したらXcodeを確認して4.からやり直し。make[1]: Nothing to be done for `all-am'.というエラーが出るけど、必要なファイルがmakeされてれば無視(邪道)。
  8. $ make
  9. make installとタイプしてreturn。ここで「mkdir: ????????: Permission denied(パーミッションのせいでディレクトリが作れません?)」的な内容が英語で出た場合(うろ覚え)、フォルダのパーミッションを一時的に書き込み可にする。必ず後で元に戻す。 make[2]: Nothing to be done for `install-exec-am'.とか言われても必要なファイルがインストールされればOK(邪道)。
    ※追記。今思えば「make install」がダメなら「sudo make install」でイケたんじゃ?と思います。試してないので何とも。sudoを使うなら、Netinfoマネージャにルートユーザを登録しておく必要があります。そんで、パスワード入力にせがまれます。
  10. $ make install
    ダメなら
    $ sudo make install
  11. 以上の作業はfpwmakeというコマンドをLinuxで使えるようにするため。だけど、普通にインストールすると/usr/local/bin/にfpwmakeが入ってしまう。こいつを/usr/bin/にコピー。パーミッション変えれば置ける。でも必ず元に戻す。
    ※追記。ここも「sudo cp」コマンドが使えるなら、その方が断然早い。
  12. 7. 変換ツール(wikipedia-fpw-********.tar.gz)をダブルクリックしてデスクトップに解凍。
    ※Safariの設定によっては自動解凍してるかも。
  13. ウィキペディアからDLしたダンプデータをダブルクリックしてデスクトップに解凍(同上)。
  14. 出来上がったダンプデータを「wikipedia.xml」にリネーム。
  15. 9.をwikipedia-fpw-********のフォルダへ放り込む。
  16. ターミナルからcdコマンドでwikipedia-fpw-********フォルダへGO。
  17. $ cd ←ここにフォルダをD&D
  18. fpwmakeでreturn。fpwmakeなんてコマンドねぇよ!と言われたら、Finderの移動から/usr/bin/にfpwmakeが居るか確認。いなけりゃ6.に戻る。
  19. $ fpwmake
  20. 12.で成功したら、ずらずら〜〜っと項目テキストが出て変換が始まる。時間がかかるので、部屋を暖かくして仮眠。
  21. 変換作業が終わるまでひたすら待つ。MacbookProのCore2Duoで3時間くらいかかる。途中でdoneとか出ても無視。それはそこの作業が終わったに過ぎないので、ちゃんとコマンド入力スタンバイになるまで我慢して待つ。
  22. 完全に終わったら、wikipedia-fpw-********の中にhonmonというファイルが1.33GBくらいで出来てるはず(2007年10月現在)。
  23. fpwmake installとタイプしてreturn。ちょっと時間がかかる。/usr/local/share/dict/の中にWIKIIPというフォルダが出来たはず。それをデスクトップへ移動。
    ※追記。ここで「fpwmake package」を使うとwikipedia-fpw-********内にzipファイルが出来てラッキー!と思ったのもつかの間、何故かiDicで読み込みできないcatalogsファイルが出来てしまうので、やはり無難に「fpwmake install」しましょう。 ※さらに追記。ここもパーミッションの問題が出るので、sudo make installの方が確実みたい。
  24. $ fpwmake install
    ダメなら
    $ sudo fpwmake install
  25. 以上で終了。でもサイズがデカいので、出来ればDicCompressorJ というアプリで圧縮。これの使い方はDL先のサイトが詳しい。レベルが高いと何故か読み込まないときがあるので、いちおうレベル1で圧縮。出来たフォルダは693MBでした。


【ウィキペディア日本語版インストール編】
  1. CyberduckでiPod touchに接続。
  2. Mediaフォルダの中にDicというフォルダを作って、さっきの圧縮したファイルをフォルダごと転送。かなり時間がかかるので、iPod touchはMacに繋いで充電しながらやらないとダメ。
  3. 転送が終わったら完了。もし、iDicを立ち上げている場合は、アプリを再起動でOK。たくさんの「ひらめ」が現れたら成功です。
| ΜαSÅ | Other | 20:45 | - | - |
複雑化する家電たち。

『お宅のDVDプレイヤーはCPRM対応ですか?』

この質問を友人知人にぶつけてみてください。しっかりとした答えが返ってくるのはどのくらいの割合でしょうか? 私の場合は10%以下でした。ほとんどが「何そのシーピーナントカっての?」という解答。でもこれは、家電業界が悪いわけではありません。コンテンツホルダーに付き合わされて、複雑な機械を作らざるを得なくなっているのです。そう、世の中の90%が知らないまま(ちょっと大げさ!?)、CPRM(著作権保護技術)は蔓延り始めています。音楽とは直接関係ないのですが、今回は、地上波デジタルのコンテンツホルダーが推し進めているCPRM『コピーワンス』について、少し苦言を呈したいと思います。

使いこなしている方もいるでしょうが、コピーワンスはユーザーを無視した、難解な仕組みだと思います。最近、売れ筋の地デジTVや地デジビデオですが、特にこのビデオの取扱いは簡単ではありません。従来のアナログ放送対応機種の場合、HDDに撮ったビデオをDVDビデオにすることは簡単に出来ます。そのDVDを後々観賞したり、友人に貸したりすることも容易でした。しかし、地デジビデオの場合、HDDに取り込んだビデオをそのまま普通のDVD-Rに焼くことは出来ません。『CPRM対応』と銘打ったDVD-Rを使用する必要があります。しかも、ビデオをDVDに焼き付けた時点で、HDD内のビデオは削除されてしまいます(これを"ムーブする"と言います)。さらに言えば、そのDVDを友人に貸し出したり(このこと自体が著作権違反かはグレーゾーン)、自分の家の違う部屋で観ることが出来ません(DVDプレイヤーがCPRM対応の場合は別)。つまり、地デジビデオで作ったDVDを観るために、寝室のDVDプレイヤーを買い換えなければなりません。

そもそも、コンテンツホルダーがここまで過敏なコピーガードの仕組みを作り上げているのは、どのような理由があるのでしょうか。考えられるのは以下の点です。

1. 無数にコピーして海賊盤が売られる。
2. インターネットの動画投稿サイトに流れる。
3. WinnyなどのP2Pに流れる。

いずれも至極真っ当な理由です。コンテンツホルダーとしては我慢ならない現状があるのでしょう。しかし、だからといって、犯罪に手を染めていない多くのユーザーにまで不便を強いる権利はあるのでしょうか?

映画やセルビデオの場合、売ってナンボの世界なので、コンテンツ保護を強化する意図は判ります。しかし、地上波民放の場合、そもそもユーザーからお金を取って見せているわけではありません。スポンサーからお金を貰って番組を制作した時点で既に利益は出ています。DVD化して稼ぐというのは予備収入。DVDを買う層は、オンエアや私的録画で観る層とターゲットは重ならないと考えます。なぜなら、TVで無料放送したものをそのままDVD化しても付加価値がないので、DVDにはさまざまな特典(追加映像やおまけなど)を付けます。つまり、お金を払ってDVDを買う層はよほどのマニアなわけで、彼らはオンエアで観ていてもDVDを買うでしょう。「昔、友人に借りたビデオが面白かったから、DVD化されたなら買おう」という層もいるかもしれません。従って、私個人の見解は、地上波民放にコピーワンスを強いるのはナンセンスだと考えます。今、「コピー回数を9回にしよう」という動きもあるようですが、回数の問題ではありません。

「それでもオンエアで観てくれないと、CMが飛ばされるから、スポンサーから利益を得ているTVのビジネスモデルが崩壊する」という意見もあるでしょう。それはもっともです。しかし、それならCMをチャプターで飛ばして観られるビデオ録画そのものがアウトでしょう。CMを観るかどうかはユーザーの判断次第。たとえ、オンエアで観ていても、CM中に家族と違う話をしていたり、トイレに立ったりしては同じことです。「地デジ放送を地デジビデオに撮ってみる」ことと、「CM入りのDVDを友人に借りて観る」ことの差異はないと考えます。

では、YouTubeにアップロードされた場合はどうでしょうか。この場合も、「CMをカットしなければOK」とする手もありますが、YouTubeは短編ビデオ用なので、部分切り出しがどうしても必要となります。そこで、私が考える最も有効な手段は、TV局自身が動画サーバーを抱え、過去2クール分の地上波放送をいつでもオンデマンドで観られる仕組みを作る(※映画などの外部コンテンツを除く)ことです。この場合、CMは後からでも好きなように書き換えることができますし、Gyaoのようにユーザー登録を必須とすれば、今の視聴率調査機以上に明確な視聴層データを取ることができます。さらに、いつでもオンデマンドで番組が観られるのだから、わざわざYouTubeやP2Pで探して観る層もなくなるでしょう。オンエア後3〜6ヶ月の短期間でDVD化されることはまずないでしょうから、セルDVDとの棲み分けも可能です。画質はStage6同等以上、地デジ未満の任意に設定すると良いでしょう。そうすることで、違法コピーは激減するはずです。しかも、先の視聴データ採取やコンテンツの長期利用(オンエアなら1回切りだが、オンエアを見逃した層にもCMを観て貰える)という、TV局にとっても少なからずメリットがあります。デメリットはストリーミングのDRM技術と動画圧縮/アップロードの手間でしょうが、この辺はシステムエンジニアに自動で書き換えできる仕組みを作らせれば良いので、問題ないでしょう。アップロードはオンエア2時間後あたりが目処でしょうか。"過去2クール分"としたのは、DVD化されたときの棲み分けと、サーバー容量を加味してのことです。

さて、いざ、これを実行するとなると、家電業界はあまり良い顔をしないでしょう。ならば、家電のCMに限りスポンサー料を下げる、サーバー構築やメンテナンスを家電業界に依頼する、などの優遇措置を取れば良いのではないでしょうか。その変わり、視聴層のしっかりとしたログが残るのだから、F0/1/2層が多い番組には化粧品メーカーやファッション業界から相応のスポンサー料を貰えば、減収分は補えると考えます。
| ΜαSÅ | Other | 21:39 | comments(0) | - |
記事の移動。とBLOGの選び方。
新しいページにほとんど記事を移動したので、古いレビューは全てここから削除しました。

それにしても、BLOGの引っ越しって結構大変なんですね〜。
DBサーバーから該当データをエクスポートして、新しいBLOGにサクっとインポート出来ると思っていたのですが、なかなかそうも行かないようです。
特にJUGEM/ロリポブログ系は難しいらしく、設定画面からエクスポートしても、そのままではMovable TypeもWord Pressも受け付けてくれません。「MT形式のエクスポートが出来るBLOGにしときゃよかった!」なんて思っても後の祭り。100以上ある記事(←これでも少ない方!?)を移動するのに、ちょこちょこコピペなんてやっていたら腱鞘炎になりそうなんで、いろいろと作戦を考えました(思いついた順)。

1)テキスト形式に吐き出してコピペ ─── ×
一番アナログな方法。可/不可の2択で言えば可だが、記事数が多いとかなり面倒。

2)○ee○aaのBLOGサービスを経由してMT形式を吐き出す ─── △
無料BLOGサービスでも○ee○aaのようにMT形式のエクスポートをサポートしているところもあるので、仮のアカウントを作ってJUGEMをインポート。出来た記事をMT形式でエクスポート。結論としては、可能だけどtag修正など、微調整がかなり面倒。

3)某マイナーBLOGサービスを経由してMT形式を吐き出す ─── ◎
これが一番楽だった。アチラのサイトで仮アカウントを作成して、ココからXML形式でエクスポート。アチラでインポートして、さらにMT形式でエクスポートすると、嬉しいことに、JUGEMの記事がMT形式に変換できます。どのBLOGサービス?と問われると、ココにもアチラにも迷惑がかかるので、探してくださいとしか言いようがありません。ヒントは純和風。無料レンタルサーバーサービスもやってます。

結局、3の方法+微調整で、無事、引っ越すことができました。
ありがとう…JUGEM。
もう二度ときません…と思っていたのですが、
今後はちょっと違う形でココを使っていこうと思います。
インターフェイスは使いやすいしね。

でもこれからBLOG始める皆さんには、○ee○aaとか、△△ログとか、デファクトスタンダードとも言えるMT形式にエクスポート出来るBLOGサービスをオススメします。簡単に引っ越し出来る方がいいですよ。乱立しているBLOGサービスも、いずれは統廃合するだろうし。
| ΜαSÅ | Other | 22:19 | comments(0) | - |
復活??
新サイトのサーバがどうやら致命的なエラーから脱した模様。ログインエラーもなくなり、CharsetのISO戻しによる文字化けも治ったみたいです。htmlのCharsetをShift-JISに変えたり、行の順番を入れ替えたり、いろいろと試行錯誤しても治らず、途方に暮れて再引越を真剣に考え始めたところなんで、とりあえず一安心。重いのは相変わらずですが…。。
| ΜαSÅ | Other | 12:33 | comments(0) | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ