<< iPhoneの日本発売は2008年末? | main | iPod touchの今さらレヴュー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
iPod touchにウィキペディア日本語版をインストールする(on Mac)の備忘録
iPod touchにウィキペディアがインストールできるらしい。ということで、以下はMacでそれに挑戦したある人物(もしかしたら私)が、いろいろ行き詰まったために今後、忘れないように残した備忘録。または都市伝説。

注意!! この記事を参考にして、たとえ貴方のMacやiPod touchが故障しても、誰も面倒は見てくれません。当然、私は貴方の面倒は見ません。質問にもお答え出来ません。そこまでのスキルは私にはありませんのであしからず。
【必要なもの】
Mac(ウチはIntelMac)空き容量は10GBくらい
MacOSXのDVD-ROM(Xcode未インストールのとき)
iPod touch
無線LANルータ
【必要な環境】
インターネット回線
無線LAN(MacとiPod touch接続用)
MacとiPod touchの両方とも、無線LANを使ってインターネット接続(もちろん同じLAN内)

【始める前に】
ウィキペディアのxmlデータ(ダンプデータというらしい)はダウンロードにめちゃめちゃ時間がかかるので、先に始めておいた方がベターかも。
ここからlatestを選んで、jawiki-latest-pages-articles.xml.bz2をダウンロード(時間がかかります)。

【脱獄編】
まず、好きな方法でiPod touchを脱獄させます。

  1. ワンタッチで楽々脱獄。
    メリット めちゃ簡単。
    デメリット iPhoneアプリは別途用意。
  2. iJailbreakを使って脱獄。
    メリット 簡単。かつ、純正iPhoneアプリのインストールができる。
    デメリット たまに失敗するらしい。

これに関してはここで説明するまでもないはず。それほど難しくはないのでがんばってやります。たぶん、2008年2月には手法が変わってるはずなので、追記しません。

【必要なアプリのダウンロード】
  1. Cyberduck(MacからiPod touchへSSH接続するのに要る。本来はFTPソフト)
  2. iDic(EPWING形式の辞書を読み込むのに必要なiPod touch用辞書アプリ)
  3. Freepwing(テキストデータなどをEPWING形式に変換するLinuxアプリ)
  4. ウィキペディアをFreepwingで変換するためのツール(FreepwingだけではxmlをEPWING化出来ない)

【辞書アプリiDicインストール編(他のiPod touch用アプリも基本は一緒)】
  1. CyberduckをMacにインストール。
  2. iPod touchの「設定>Wi-Fi>接続してるルータ」でIPアドレスを確認。
  3. Cyberduckを立ち上げる。
  4. ブックマークを追加。ニックネームは適当。プロトコルはSFTP。サーバーIPは2.で調べたやつ。ユーザ名はroot。
  5. ブクマをダブルクリックで接続開始。パスはalpine。iPod touchはロック解除しておいた方がいいかも。最初の接続は割と時間がかかる。
  6. iPod touch内の/private/var/rootに接続。
  7. 一番上の階層に上がる。
  8. Applicationsをダブルクリック。中にiDicを放り込む。
  9. iPod touchを再起動(上のボタン長押し>電源オフスライド>再度上のボタン長押し>リンゴマークが出たらOK)。以上。

【ウィキペディア日本語版EPWING化編】
Xcodeをインストールしていない場合は、MacOSXのDVD-ROMからインストールしておきましょう。gccとGNU makeは絶対必要。

  1. Freepwingのソースコードをダブルクリックでデスクトップに展開(邪道。Linuxが判る人ならtarコマンド使っても良い)。
  2. ターミナルを立ち上げ。
  3. cdコマンドで展開したFreepwingのフォルダへ行く。
    具体的には… c,d,spaceとタイプ>デスクトップから該当フォルダをターミナルへドラッグ&ドロップ>returnで行ける。
  4. $ cd ■←ここにフォルダをD&D
  5. ./configureとタイプしてreturn。Freepwingのインストールに必要なファイルが配置される。ここでエラーが出る場合はXcodeをインストールし直す。
  6. $ ./configure
  7. makeとタイプしてreturn。makeが失敗したらXcodeを確認して4.からやり直し。make[1]: Nothing to be done for `all-am'.というエラーが出るけど、必要なファイルがmakeされてれば無視(邪道)。
  8. $ make
  9. make installとタイプしてreturn。ここで「mkdir: ????????: Permission denied(パーミッションのせいでディレクトリが作れません?)」的な内容が英語で出た場合(うろ覚え)、フォルダのパーミッションを一時的に書き込み可にする。必ず後で元に戻す。 make[2]: Nothing to be done for `install-exec-am'.とか言われても必要なファイルがインストールされればOK(邪道)。
    ※追記。今思えば「make install」がダメなら「sudo make install」でイケたんじゃ?と思います。試してないので何とも。sudoを使うなら、Netinfoマネージャにルートユーザを登録しておく必要があります。そんで、パスワード入力にせがまれます。
  10. $ make install
    ダメなら
    $ sudo make install
  11. 以上の作業はfpwmakeというコマンドをLinuxで使えるようにするため。だけど、普通にインストールすると/usr/local/bin/にfpwmakeが入ってしまう。こいつを/usr/bin/にコピー。パーミッション変えれば置ける。でも必ず元に戻す。
    ※追記。ここも「sudo cp」コマンドが使えるなら、その方が断然早い。
  12. 7. 変換ツール(wikipedia-fpw-********.tar.gz)をダブルクリックしてデスクトップに解凍。
    ※Safariの設定によっては自動解凍してるかも。
  13. ウィキペディアからDLしたダンプデータをダブルクリックしてデスクトップに解凍(同上)。
  14. 出来上がったダンプデータを「wikipedia.xml」にリネーム。
  15. 9.をwikipedia-fpw-********のフォルダへ放り込む。
  16. ターミナルからcdコマンドでwikipedia-fpw-********フォルダへGO。
  17. $ cd ←ここにフォルダをD&D
  18. fpwmakeでreturn。fpwmakeなんてコマンドねぇよ!と言われたら、Finderの移動から/usr/bin/にfpwmakeが居るか確認。いなけりゃ6.に戻る。
  19. $ fpwmake
  20. 12.で成功したら、ずらずら〜〜っと項目テキストが出て変換が始まる。時間がかかるので、部屋を暖かくして仮眠。
  21. 変換作業が終わるまでひたすら待つ。MacbookProのCore2Duoで3時間くらいかかる。途中でdoneとか出ても無視。それはそこの作業が終わったに過ぎないので、ちゃんとコマンド入力スタンバイになるまで我慢して待つ。
  22. 完全に終わったら、wikipedia-fpw-********の中にhonmonというファイルが1.33GBくらいで出来てるはず(2007年10月現在)。
  23. fpwmake installとタイプしてreturn。ちょっと時間がかかる。/usr/local/share/dict/の中にWIKIIPというフォルダが出来たはず。それをデスクトップへ移動。
    ※追記。ここで「fpwmake package」を使うとwikipedia-fpw-********内にzipファイルが出来てラッキー!と思ったのもつかの間、何故かiDicで読み込みできないcatalogsファイルが出来てしまうので、やはり無難に「fpwmake install」しましょう。 ※さらに追記。ここもパーミッションの問題が出るので、sudo make installの方が確実みたい。
  24. $ fpwmake install
    ダメなら
    $ sudo fpwmake install
  25. 以上で終了。でもサイズがデカいので、出来ればDicCompressorJ というアプリで圧縮。これの使い方はDL先のサイトが詳しい。レベルが高いと何故か読み込まないときがあるので、いちおうレベル1で圧縮。出来たフォルダは693MBでした。


【ウィキペディア日本語版インストール編】
  1. CyberduckでiPod touchに接続。
  2. Mediaフォルダの中にDicというフォルダを作って、さっきの圧縮したファイルをフォルダごと転送。かなり時間がかかるので、iPod touchはMacに繋いで充電しながらやらないとダメ。
  3. 転送が終わったら完了。もし、iDicを立ち上げている場合は、アプリを再起動でOK。たくさんの「ひらめ」が現れたら成功です。
| ΜαSÅ | Other | 20:45 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:45 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ